フリーランスの税理士活用方法

フリーランスは、税法上は個人事業主ということになります。そのため、各種の事業から生じた所得があれば確定申告・納税をする義務があります。個人で事業をしていれば、会社員のような年末調整という制度はないため、確定申告の作業から逃れることはできません。

確定申告の作業は、もちろん個人事業主自身が行うことは何の問題もないが、本人以外が行う場合は税理士法により税理士以外が行うことは禁じられています。そのため、事業主は自分でやるか税理士に頼むかの二択を迫られることになります。

専門家にその業務を頼むことのメリットは、自分が確定申告といういわば間接業務を行うことなく本業に集中できるという点と、専門家が確定申告書を作成することによって間違いの発生を回避できるという点があげられます。

デメリットとしては、当然コストの問題があげられます。確定申告業務を依頼した場合の報酬はいろいろだが、決して小さい負担ではありません。

しかし、専門家の利用の仕方としては、もう一形態あります。それは、自分で確定申告書を作成する前提でアドバイスをもらうという方法です。この方法であれば、二回目以降は自分で確定申告書を短時間で作成できるようになるというメリットを享受しながら、コストをセーブできるというメリットもあり、一石二鳥の対処法といえます。

事業主であれば逃げることはできない税金という課題に対してある程度正確な知識を付ける必要があり、そのために専門家を活用することが大切です。

Leave a Reply