確定申告に関わる税理士のサービスの向上

フリーランスをする際には納税の義務を自分で遂行しなければならないことを自覚しなければなりません。毎年、確定申告をして所得税を納めることが必要になり、そのための経理を普段から行っていく必要があります。その助力として税理士に依頼をするのが一般的な方法です。フリーランスを志す人が増えてきていることから、税理士のサービスも多様化してプラン化されていることも多くなってきており、フリーランサーが利用しやすい状況ができてきています。

その一方で、助力を受けずに確定申告を行うフリーランサーも増えてきています。その傾向を生んでいるのが会計ソフトの充実です。税制について理解してしまえば、複式簿記での帳簿作成や青色申告のための申告書類作成も手軽に行える会計ソフトが広まっています。そのため、ソフトを使う能力と税制について学ぶ時間があれば、費用をほとんどかけずに確定申告ができるようになっているのです。

そういった背景もあって、税理士はサービスを向上させることの必要にかられるようになってきています。収入としてはそれほど大きくはないとはいえ、比較的容易な事務的な作業だけで収益につながるフリーランサーの確定申告サポートの仕事は積極的に請けたい仕事の1つです。そのため、各種セミナーの実施や無料相談等を行えるようにすることによる顧客獲得の動きが生まれています。フリーランサーにとってよいサポート体制が確立されてきているのです。

Leave a Reply