確定申告で頼るのは税理士か会計ソフトか

フリーランスをする場合には自分で行ってきた事業についての経理を自分で行わなければなりません。そして、年が明けると確定申告をしなければならない時期が到来します。この際に経理や税制についてあまり詳しくない場合には税理士を頼って確定申告の書類作成を依頼することができます。費用こそかかるものの、ミスなく確実に書類を作成し、納税額を算出してもらえることから安心と信頼という意味では税理士に頼るのが最も良い方法です。

しかし、IT系でフリーランスをする人であれば熟考した方がよい点でもあります。使用が容易な会計ソフトが世の中に出回るようになってきているからです。そのため、ソフトウェアを利用することに抵抗感がない人であればソフトを使って確定申告書類を作成したり、税額を計算したりするのはそれほど大変なことではなくなっているのです。複式簿記による帳簿作成も手軽に行えるソフトがあることから、白色申告だけでなく青色申告への対応も可能になっています。そのため、基本的な税に関する知識とソフトの使い方さえわかってしまえば毎年自分で書類作成を行うことができるのです。

ただし、節税についてより詳しいことを知りたいと思った場合には税理士に確定申告書類の作成を依頼するのも良い方法です。その様子をみてアドバイスをもらえることがよくあるからです。そうすることで毎年少しずつ節税について学び、収入を大きくして行くことができるでしょう。

Leave a Reply