フリーランスは税務調査で税理士を活用

フリーランスとして仕事をしている場合、税務調査を受けることがあります。やましいことはしていなくても、特にソフト制作を行っている場合等、拡大している業種、処理が複雑で誤謬が発見される可能性が高い業種ということで税務調査の対象となることもあるのです。

税務調査を受けた経験が豊富にある場合は別として、受けたことがない場合は不安になります。そういった場合に、税務調査対応を税理士に依頼するメリットは大きいといえます。当然のことながら税務調査の流れをよく把握しており、また、チェックされるポイントも理解しています。ソフト制作の場合であれば、研究開発費として必要経費になるか、ソフトウエア勘定に資産として計上するかによって課税所得は大きく変わってくるため、税務調査の調査員は慎重にチェックしてくるでしょう。こういった点について、税理士が事前に確認をしていれば、調査当日の対応もスムーズになり問題なく終了できる可能性が高まるのです。また、自分の行った処理を調査官に説明するのが大変な場合もあります。それをやってもらうことで、自分は本業に専念できるというメリットも捨てがたいです。

また、確定申告書を作成する段階で依頼すると、専門家として処理に関する妥当性のコメントを申告書に添付することになります。これがあることによって税務調査を回避できたり、調査に来る頻度を下げたりできる可能性もあるため、フリーランスとして税理士を活用することは必須だといえます。

Leave a Reply